栄養士きじとらPのブログ

ダイエットとか趣味とかのお話

新年のあいさつ

明けましておめでとうございます。

 

年末年始の6連休は無駄に食べてしまってお腹がはりました。

体重計に乗ることもせずグータラしました。

 

最終日に体重測ると1キロほど増えてましたので来週は一旦本気のダイエットをしようかなーと思います。

 

ではでは。今年もよろしくお願いいたします('ω')ノ

ランキングに登録しています。クリックすると票が入りますのでよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

結局、部分痩せは出来るのか出来ないのか

おはようございます。きじとらPです。

 

世の中には部分痩せをしたい人がたくさんいます。私もです。

お腹。二の腕。顔。大体こんなところでしょうか。

 

部分痩せの定義がよくわかりませんが、単純にその部分だけの脂肪を減らすっていうことは出来ないみたいです。

どんな運動をしようが、体全体の脂肪が均等に減っていきます。

体重が減っても見た目がほとんど変わらないのはそのせいです。

 

ただし、一部分の筋肉を鍛えることによってその部分を引き締めることはできます。

たるんだお腹は腹筋を鍛えれば引き締まります。

また、筋肉を鍛えるとそこに脂肪がつくスペースが無くなるので良い体形も維持できます。

 

それはそれでいいんですが、やっぱり脂肪を減らしたいですよね。

そこで登場したのが、キャビテーションやラジオ波です。

 

キャビテーションは脂肪を破壊して減らす。

ラジオ波は温めて脂肪を溶かす。

という違いがあります。

 

結構前ですが、お店でやってもらったことがあります。

キャビテーションのほうが値段が高かったのでキャビテーションを選びました。高いほうが効くかなーと思って。

結局、値段が高いので月に2回くらいしか受けられず、効果はよくわかりませんでした。

機械をあてる部位によっては熱かったり、そうでもなかったりしたので、体に対してなにかしらの反応はしていたとは思います。

 

最新の技術で脂肪を凍らせて破壊するっていのがありますが、料金は似たようなものですね。

 

そこで、一昨年くらいにキャビスパっていう機械を買ったんです。自宅で気軽にキャビテーションやラジオ波をあてられるやつ。

お腹の脂肪を減らそうと思って買ったんですが、私のお腹が出てるのは内臓脂肪だということに気付き、さすがに内臓脂肪には効かないだろうとその後は全然使ってませんでした。

顔にも使える機械なので、ブログも始めたし、顔痩せに効くかの検証をしようかなと思います。

これは1週間程度じゃ何も変わらないと思うので長期間ためしつつ、たまに効果のほどを記事にできたらなと思います。

 

それでは('ω')ノ

ランキングに登録しています。クリックすると票が入りますのでよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

ダイエット的なのを何もしないweekの結果発表

こんにちは。きじとらPです。

 

先週は、ダイエット後に1週間何もしなかったらどんな風に数値が推移するのかを検証しました。

運動もせず、ご飯もお菓子も食べまくりました。

 

先々週の蕎麦ダイエットが運動なしで晩御飯を蕎麦にするダイエットだったので、こちらと比較してみます。

 

・蕎麦ダイエット

 11.59kg ⇒ 10.79kg(マイナス800g)

・何もしない

 10.79kg ⇒ 11.17kg (プラス380g)

 

始まりと終わりの数字だけ見るとそんなに増えてないように見えますが、1週間の推移をグラフで見てみると・・・

何もしないダイエットのグラフ

金曜日までかなり数値が上がってます。

週末は仕事も休みでお菓子も食べたのになんでだろう。ただ、やっぱり減ることはなかったのでダイエットには意味があることがわかりました。

 

次は、腹囲です。

・蕎麦ダイエット

 83.2cm ⇒ 82.5cm(マイナス0.7cm)

・何もしない

 82.5cm ⇒ 83.6cm(プラス1.1cm)

 

先々週の蕎麦ダイエットの開始時より増えちゃいました。

1週間のグラフだと・・・

何もしないダイエットの腹囲のグラフ

右肩上がり!!

食べる量が多かったのでお腹にたまってるのもあると思います。

 

ダイエット中にモチベーションが下がったら、3日くらいダイエットをやめてもいいんじゃないでしょうか。その後にまた頑張りましょう。

途中途中ダイエットを休止しても、そのあと続けられたらいいと思います。

 

それでは('ω')ノ

ランキングに登録しています。クリックすると票が入りますのでよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

栄養士の学校ってどんなところ?

こんにちは。きじとらPです。

 

今日は栄養士の学校がどんなところかお話ししたいと思います。

かなり昔のことなので覚えているところだけ。

 

調理実習は和洋中と幅広いメニューを勉強しました。

最初に先生が調理のコツとかを話しながら作ってくれた後、自分達も作ります。

午前中いっぱいやってから作ったものを食べるので調理実習のある日はお昼ご飯を持ってこなくてもいいです。

包丁の研ぎ方とか魚のさばき方なんかもやります。

 

食品加工の授業では缶詰を作ったり、ジャムを作ったりします。

 

給食調理実習は班に分かれて自分たちで考えたメニューをクラス分作って披露します。

 

献立を作るのが難しくて、卵は1個までとか野菜は1日350gでそのうち120gは緑黄色野菜で~とかいう制約があって、カロリーを上げるのに苦労した記憶があります。

 

自分たちで材料をそろえる授業もあって、近所のスーパーに買いに行くのですが、キャベツ1/4個だけ欲しいのに1個とか半個しか売ってない時は店員さんに頼めば切って売ってくれるというのを初めて知りました。

 

運動生理学やら食品衛生学など、座学もあります。

 

生徒はほとんど女性ですが、男性もいます。

はっきり覚えてないですが、確か1クラスに女性30人男性10人てところでしょうか。もうちょっと女性が多かったかも。

 

テストは常に60点以上取ってればいいだけです。好きな内容なので授業を聞いてれば特に復習してなくても60点くらいはとれます。

実技のテストは、包丁がちゃんと研げているかのチェック、だし巻き卵を作る、玉ねぎのみじん切りの3つが毎回あります。あと大根のかつら剥きもあったような。なかったような。

 

2年生になるとコースに分かれます。ダイエティシャンコースと福祉コースと医療コースだったかな。保育園で働きたかったので福祉コースが良かったけど大人気で無理でした。

 

就職活動ですが、ちゃんとパイプがあるようで求人票はいっぱいでした。

 

そろそろ受験やら就職活動の時期でしょうか。20代なんてまだまだ若いのでいくらでも人生のやり直しはできます。やってみたいと思ったら一度やってみたら良いのではないかと思います。

 

それでは('ω')ノ

ランキングに登録しています。クリックすると票が入りますのでよろしくお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村